建築中に雨が降っても大丈夫なの?

家を建てるには、長い期間がかかります。その間まったく雨が降らないということはまずありません。 建設の途中で雨が降ってしまうと、建物に良くない影響があるのでしょうか? 特にツーバイフォー工法で建設する場合は、先に床や壁を作ります。 屋根が後に作られるので、床や壁が雨で水浸しになってしまうことがあります。 さすがに濡れた状態でその上にボードを貼ったり、シートを貼ったりすれば、 湿気を持ったままになるのでカビなどが発生する可能性がありますが、 たいていは、施工中に自然に乾燥するので問題ありません。 また、生の木は水分を多く含んでいますが、建築に使う加工された木材は、 内部の水分率は低くなっています。例え、雨で木材が濡れたとしても、 それは表面が濡れているだけで、内部の水分率にはあまり影響がありません。 施主としては、雨が降ったらすぐに養生してもらいたいと思いますが、 業者によっては養生が不十分なところもあるかもしれません。 あまり不安に感じるなら業者と相談してみると良いかもしれませんね。 優良な会社はそんな素人の質問にも親切に答えてくれますよ。 PR|女性向けエステ.com|JALカード|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|GetMoney|家計見直しクラブ|サプリメント|アフィリエイト相互リンク|お小遣いNET|オーディオ|英語上達の秘訣|童話|心の童話|内職 アルバイト|